おはようございます。目黒区の司法書士の増田朝子です。

 

昨日は、先日入会が決まりました成年後見センター・リーガルサポート(以下、リーガルサポート)の目黒地区のリーダーとの面談がありました。

 

リーガルサポートでは、会員である司法書士に後見等の案件の紹介をしてくれるのですが、

その前提の条件として①地区リーダーと面談すること、②名簿登載式に出席することを義務づけています。

 

私の名簿登載式は7月以降のようですが、今回別の新入会員の面談があるとのことなので、

前倒しで私も一緒に面談してもらうことになりました。

 

目黒地区リーダーを務めているのは同期で、司法書士の目黒支部の会でもよく

顔を合わせてる司法書士でした。また副リーダーもよく知っている司法書士でしたので、

他の新入会員の方と4人で和やかな雰囲気の中、目黒地区の成年後見業務の状況や、

リーガルサポートの現状、業務を行っていく上での必要事項を色々聞くことができました。

 

リーガルサポートの目黒地区の会員は、25名程度のようです。

もともと、東京司法書士会の目黒支部も会員数が67名と小規模なので、

自然と顔見知りが多くなり、アットホームな雰囲気があります。

その中でリーガルサポート会員はさらに少ない人数です。

 

人数が少ないのなら、後見等の案件が紹介が多くていいんじゃないかな~、なんて思っていましたが、

残念ながら目黒区地区での紹介案件は極めて少ないらしいです。

 

紹介案件は、大きく分けて①東京家裁からの紹介と②社会福祉協議会や地域包括支援センターからの紹介のルートが

があるようなのですが、本当に該当者が少ないのか、もしくは、他士業等に流れてしまっているのか。。。

 

入会後は、担当地区を3つほど登録できるようなので、目黒区以外の状況についての説明もありました。

 

まだ具体的な案件があるわけではないですし、

リーガルサポート特有のシステムの扱いも大変そうですが、

何かあっても色々相談できそうですし、少しづつ慣れていけるといいです。

 

 

shihoushoshi88 31 - リーガルサポート地区リーダーとの面談

gotanda88 31 - リーガルサポート地区リーダーとの面談
にほんブログ村