おはようございます。目黒区の司法書士増田朝子です。

本当に毎日暑くて蒸し風呂に入っているようです。

連休があったり、出張していたりとで、今週初めての更新です。

 

最近の民事信託(家族信託と言ったりもします)の関心の高まりには目を見張ります。

 

一般の方から民事信託についての問い合わせは多く、民事信託の知識は不可欠になっていますし、実際に取り組んでみたいとも思っています。

書籍を何冊も買って読んだり、研修会にもいくつも出席してはいますが、圧倒的に知識の不足を感じています。なので、今はメリットよりデメリットの方ばかり考えてお勧めできていません。

 

これはやっぱり、、、と思い、少し前にずっと迷っていた民事信託推進センターに入会することにしました。

 

一般社団法人民事信託推進センター

http://www.civiltrust.com/

 

こちらは、司法書士が中心となって民事信託の発展のために設立された法人になります。

先日の一般社団法人日本財産管理協会の方と役員もかぶっていたりして、姉弟関係にありそうです。

 

前から気になっていたものの、ずっと迷っていいた理由は、ある程度知識と税理士さんと組めばなんとかなるのではないかという甘い考えでした。

 

しかし、民事信託の業務は一度民事信託を組成した後、当事者間(受託者・委託者・受益者)で長期間にわたり続いていくものであり、司法書士が信託組成して信託登記して終わり!ということではありません。

 

その後のフォローについても考えずに組成をすることは、とても無責任な気がしました。

でも、当事者のフォローも含めて考えると、とても自分の今の知識では対応できません。

 

上記センターでは入会すれば無料の民事信託関連の講座や勉強会が行き放題です。

 

今晩も「平成30年度 民事信託実務入門講座」が予定されています。

しっかり勉強したいと思います!

 

 

shihoushoshi88 31 - 民事信託への取り組み

gotanda88 31 - 民事信託への取り組み
にほんブログ村