おはようございます。目黒区の司法書士・行政書士の増田朝子です。

 

法律問題でお困りの場合は、まずは解決の糸口を見つけるために無料相談を利用するといいと思います。

当事務所では無料相談はしていませんが、私は以下のとおり、ご利用者に無料となる相談員を、いくつかさせて頂いています。

 

・東京司法書士会司法書士総合相談センター登録相談員

 

こちらについては、東京司法書士会総合相談センターに電話で予約をすることで利用が可能です。

私もその一人ですが、同相談センターに登録している司法書士の相談員が担当します。

ほぼ毎日、1回1時間といった時間の範囲内で、各種の無料相談を受けることができます。

 

・目黒区役所 司登記・成年後見(司法書士)相談

 

月一回、第3月曜日に、1回30分程度で、目黒支部の司法書士が順番で担当します。

具体的な日程は、区民相談予定表でご確認いただけます。

 

なお、無料相談は、基本的には相談員を選ぶことはできませんが、以下の団体の法律相談は、相談員を指名して相談が可能です。

 

・公益財団法人大田区産業振l興協会 ビジネスサポーター

 

こちらのサービスを利用できるのは、大田区内に事業所を有する中小企業及び個人事業者限定となっています。

ビジネスサポートサービスを利用すれば登録のサポーターを指名して、ご都合に合わせて無料相談が受けられます。

私個人も指名していただけます。

ご利用者には、年間での利用時間の制限はありますが、その制限内で継続相談も可能です。

 

なお、無料相談を利用すると、ご質問事項について解決の糸口になるアドバイスを受けることができます。

ただ、原則、登記申請書や訴状の作成など、個別具体的な相談には応じられないことになっています。

 

個別具体的な問題のご相談は、やはり有料相談を利用していただくのがいいと思います。

 

有料相談を受ける場合は、限られた時間内になりますので、解決したい内容を自分なりにまとめておくことがいいです。

参考書類や作成された書類等もなるべく持参いただくといいと思います。

 

当事務所では、受付の段階でなるべくご事情を聞き取った上、相談時には具体的なご回答ができるよう心がけています。

お問合せはこちらです→

 

よろしければ、クリックお願いします!

shihoushoshi88 31 - 無料相談と有料相談の違い

にほんブログ村

br c 2517 1 - 無料相談と有料相談の違い
司法書士ランキング

71caf175979345dfa3c6ba203a9b8885 - 無料相談と有料相談の違い