おはようございます。目黒区の司法書士・行政書士の増田朝子です。

 

現在仕事が充実している友人の話を聞いていたら、その友人は、司法書士人生でいくつか到来した好機を逃さず、素早く動いていました。

 

その好機とは、まず、新しい業務を始めるにあたり、一緒に組む仲間を見つけたことでした。

ある司法書士が、当時まだ注目されていない業務について「誰か一緒にやろう!」と声を上げたときに、彼女は一番に「やりたいです!」と名乗り出たそうです。

 

また、司法書士だったら誰でも欲しいけど、今の事務所ではさばききれないような大きな依頼があったときに、ひるまずに引き受けたこと。

引き受けてから、どうやったら対応できるか必死に考えて、仕組みを考えて素早くスタッフを確保したとのことです。

 

チャンスの神様は前髪しかないといいますが、好機はすぐに捉えなければ後から捉える事はできません。

 

タイムリーに、だれかと組んだり、手伝ってくれる人を見つけたり、、、

 

ぼーっと生きてたら見逃しそうです。

また今、一人でできることには限界がある、と感じます。

 

自分にもそんなタイミングがきたら見逃さず、彼女のように素早く動けないと、今以上の仕事はできないだろうと思いました。

 

 

よろしければ、クリックお願いします!

shihoushoshi88 31 - 好機がきたら、、、

88 31 - 好機がきたら、、、

にほんブログ村

br c 2517 1 - 好機がきたら、、、
司法書士ランキング

71caf175979345dfa3c6ba203a9b8885 - 好機がきたら、、、