おはようございます。目黒区の司法書士・行政書士の増田朝子です。

 

不動産の決済のご依頼をいただいたときは、どれだけ決済前に確認するかが重要だと思います。

 

私は買主と売主に必要な書類は、当事者や仲介業者に求められる前でも(求められなくても)、自分からすすんで早めに案内しています。

また、事前に確認できる書類(住民票、権利証、評価証明書等)は必ず写しをもらって確認しますし、だれが現物を持っているかも確認しておきます。

 

担保の設定先からは、事前に設定書類を預かるか、預かれないときは、写しをファックスなどでいただいています。

担保の解除先からは、解除証書等の写しをもらったり、または写しがもらえないときは、必要書類や内容の「読み合わせ」をさせてもらいます。

 

仕事を始めたばかりの時は、上記のようなことを、事前にどこまでやるべきか、またはどこまで関係者にお願いできるかの匙加減がよく分かりませんでした。

 

でも、「滞りなく、気持ちよく、最短で決済を終える!(プラス登記申請を完了する!)」という気持ちは関係者みな同じです。

ということで、最近ではけっこう遠慮なく(いや、お手数かけて大変申し訳ないと思いつつも、、、)、関係者にあれこれお願いしています。

 

ところで先日、上記のような気持ちで決済の場に臨みましたが、、、全く予期せぬこと、聞いてないよ~という出来事がありました😢。

関係者の前では大したことではないように振る舞えましたが(これは重要です!)、のんびり終わるはずの半日仕事は、一日がかりの仕事になりました。

 

どんなに細心の注意をしていても、当日に予期せぬことが起こることは、たぶんあります。。。(もちろん自分の未熟故もあります)

そんな時のためには、平常心と、時間の余裕だけはもっておかないといけないと、改めて思ったのでした。

 

 

よろしければ、クリックお願いします!

shihoushoshi88 31 - 予期せぬこと、、、

88 31 - 予期せぬこと、、、

にほんブログ村

br c 2517 1 - 予期せぬこと、、、
司法書士ランキング

71caf175979345dfa3c6ba203a9b8885 - 予期せぬこと、、、

 

 

 

 

司法書士・行政書士増田リーガルオフィス